最新のテクノロジーで
顧客とともに
イノベーションを起こす

大塚 怜奈さん

ビジネスプロデュース&トランスフォーメーション本部
マネージャー

2023年入社

Q1

大塚さんがDOLBIXに入社したキッカケを教えてください。

大手ECサービス会社でエンジニア、PjM(*1)、PdM(*2)として新規サービスの立ち上げ・グロースに従事し、また、中央省庁に出向して行政機関内部のITコンサルタントも経験しました。これらの経験から、様々な企業や事業の成長を支援するコンサルタントに興味を持ち転職を決意しました。
DOLBIXでは、分野を問わずプロジェクトに取り組める裁量と企業文化フィットへの期待感から、入社を決意しました。

(*1) PjM = プロジェクトマネージャー
(*2) PdM = プロダクトマネージャー

Q2

DOLBIXに入社してから、どのような案件を担当されていますか。

複数の生成AI関連の案件に携わっています。
例えば、あるクライアント企業では、生成AIを活用した社内チャットボットを開発しグループ会社全体に展開するという大規模な取り組みを伴走支援中です。
各国のAIに関する規制調査とリスク回避のサポート、各事業部の生成AI活用のためのユースケース整理と利用率の向上への貢献、問い合わせ対応フローの整備による業務効率化、さらにはエンジニア採用のサポートまで、幅広い業務について伴走型で提案と実行しながら半年以上支援させていただいています。

また別の案件では、短期間で既存業務フローを分析し、生成AIを活用した業務効率化を提案しました。提案に留まらず、クライアントと共に実際に生成AIを使って検証を行い、クライアントの生成AIスキル・ナレッジの向上と実務への導入準備までサポートし、既存業務の時間削減を達成に貢献することができました。

入社してからの期間は短いですが、最新のテクノロジーを使ってクライアントの業務改善に貢献できることにやりがいを感じています。今後も、常に最新のテクノロジーに触れながら、クライアントと共にイノベーションを起こしていきたいと考えています。

Q3

DOLBIXに入社されて、どのような点が良かったですか。

DOLBIX入社の決め手でもあった裁量の大きさへの期待については、自社内での生成AIの認知度向上と活用による業務効率化を目指して、社内向けの生成AI活用PR活動やTipsの共有などの活動を自主的に開始し、アイデアを実現できています。それだけでなく、社内改善活動も盛んです。例えば、私は所属しているBPXにてメンバー間のコミュニケーションを活性化させる企画を立案から振り返りまで行い、その過程で改善を繰り返しています。自ら能力を発揮し、積極的にチャレンジすることができる環境が整っており、私自身もそのことを実感しています。

また、コンサルタント未経験で入社したため、コンサルタントとしてどうするべきかの点で悩むこともありますが、マネージャー以上とのコミュニケーションがとりやすく、アドバイスをいただきながら進めることで、入社前よりも成長できていると実感しています。

Q4

DOLBIXへの入社をご検討されている方へのメッセージをお願いします。

私はコンサル未経験でシニアコンサルタントとして入社しましたが、1年未満でマネージャーに昇格しました。成果を出せば評価していただける会社だと実感しています。
また、クライアントと共にイノベーションを起こせるチャンスがあり、社内でも自ら変革を起こせる環境だと思います。よりよい方向に変えていきたい方には良い場所なのでは。一緒に変革を起こしていきましょう。

ENTRY

入社ご希望の方は各エージェントにご相談ください