個人の意思を尊重したアサインで
やりがいのある案件を担当できる

岩佐 瑞希さん

ビジネス&テクノロジー戦略コンサルティング本部
コンサルタント

2023年入社

Q1

岩佐さんがDOLBIXに入社したキッカケを教えてください。

私は新卒でITコンサルティングファームに入社し、保険業界や製薬業界を中心に、システム更改やSaaS導入、あとはオフィス拠点設立PJなどのPMOをしていました。
仕事にも慣れてきた3年目の終わりごろにキャリアを見直す中で、ITコンサルのようにソリューションありきでプロジェクトが始まるのではなく、そもそもの戦略策定から携われるようなコンサルティングをしたいと考え、転職を決意しました。
転職活動に当たっては、コンサルティングファームと事業会社の両軸で検討しました。その中でDOLBIXを選んだポイントは2つあり、一つ目は総合商社である丸紅のアセットに触れられて幅広い領域の案件に携われること、二つ目は会社規模に対して女性コンサルタントの比率が高く、自分自身が継続的に働いて活躍するイメージを持てたことです。
入社してみて、仕事の面でも環境の面でも期待通りに働けています。

Q2

DOLBIXに入社してから、どのような案件を担当されていますか。

入社後は、ある素材メーカーの案件を担当しています。
クライアントのデジタルを活用した新規ビジネス創出を目指した案件で、サプライチェーンのそれぞれの位置にいるステークホルダーの意見を取りまとめたり、課題を確認してビジネスの方向性を決めたり、損益計算をしたりと、多様な業務をこなしています。これは前職では関わってこられなかった部分であり、新規ビジネスをどのように立ち上げるかを体験できた意義は大きく、事業を行う際のユースケース検討にも携われて、仕事上とてもやりがいがあります。

また、DOLBIXでは分からないことをすぐに聞ける雰囲気があり、現在の案件でチームを引っ張っているシニアマネージャーから学ぶところが多いです。現在の環境が私には合っているようで、周りからは「楽しそうだね」とよく言われます。

Q3

DOLBIXに入社されて、どのような点が良かったですか。

まず思いつくのは、上位の職位の方との距離が近く、コミュニケーションを取りやすいところです。気になる点を、マネージャー以上の方にすぐに聞けるので、仕事をする上での安心感があります。私は入社して約半年経ちますが(2023年10月時点)、マネージャー以上の職位の方は顔と名前はほぼ覚えています。

もちろん、希望した案件にアサインされた点も良かったです。入社後すぐに、本部長やマネージングディレクター全員と面談して、どのような案件があるかを教えていただき、「事業創出の案件を担当したい」という私の希望も、丁寧にヒアリングしていただけました。
入社早々、個人の意思を尊重したアサインをしていただけることは、なかなかないと思います。

Q4

DOLBIXへの入社をご検討されている方へのメッセージをお願いします。

DOLBIXにはコンサル業界未経験の方も多く活躍しています。活躍している方を見ると、好奇心や成長意欲をお持ちだと感じます。
また、DOLBIXにはロールモデルとなる先輩のコンサルタントが多いです。家庭と両立しながら結果を出している方々に触発されています。
そして、コンサルタントはクライアントとしっかり対話しながら課題解決をしていく必要があるので、コミュニケーション能力の高い方が活躍されています。そうした方に是非、来ていただいて、一緒に仕事をしたいと思います。

ENTRY

入社ご希望の方は各エージェントにご相談ください